気合でなんとか

@ningensei848が頑張った記録

2017秋学期 水曜 図書館建築論 5週目

前回までのあらすじ

ningensei848.hatenablog.com

 

 

※めちゃんこ眠かったのか何なのかメモがほぼない…来週に期待

 

図書館空間のつくりかた

建築の場所と対応

規模を決定付ける要因

  1. 蔵書規模
    人口一人当たりの蔵書数の設定/閉架・開架の比率の設定(情報の鮮度なのか量なのか)
  2. 予算規模
    初動コスト(initial)と維持コスト(running)
  3. 土地条件

機能と構成を図る

必要な機能(スペース)の設定…共用/管理/集会スペースなど

各機能の面積を設定する

単位面積当たりの蔵書収容能力は開架で80‐120冊、閉架では250‐400ほど

 

一年を通して、太陽光の角度や方角、一日を通した日の当たり方までシミュレーションしていく

 

 

次はデザイン的な話をしてくれるらしい。きちんと聞きたい…

 

次回

ningensei848.hatenablog.com